チーム

奈良クラブバモス 天理市並河市長 表敬訪問の様子

7/24(火)、奈良クラブバモスが天理市並河市長を表敬訪問いたしました。
奈良クラブバモス嶋将平監督・丸山一喜選手が天理市を表敬し、日本代表選出報告と知的障がい者サッカー 第7回INASサッカー世界選手権2018に向けご挨拶に伺いました。

8月5日(日)よりスウェーデンで開催される知的障がい者サッカー 第7回INASサッカー世界選手権2018(通称:もうひとつのW杯)に出場する日本代表メンバーに奈良クラブバモスより選出された、天理市在住の丸山一喜選手と日本代表コーチとして帯同する嶋将平監督が、大会への意気込みを述べ健闘を誓いました。

 

【並河健市長 コメント】
知的障がい者サッカー世界選手権についてはあまり知らなかった。
ブラジル大会のベスト4を超える活躍を期待しています。
体調に気を付けて頑張ってください。

【丸山一喜 日本代表選手】
技術よりも走ることでチームに貢献し、予選リーグ突破を目標に頑張りたいです。
自身としては得点できるように頑張ります。

 

○2018年7月24日(木)16:30~ 天理市役所市長室にて
○並河健市長
○嶋将平 日本代表コーチ(奈良クラブバモス監督)
丸山一喜 日本代表選手(奈良クラブバモス選手)