PLAYER'S STORY

森本 良 Tsukasa Morimoto

J3昇格を目指し、奈良の地で戦う25人の選手たち。
「何故、サッカーなのか」「何故、奈良なのか」選手それぞれの“物語”に迫る。
(ホームゲーム週に2人ずつ更新予定)

 

#2 DF 森本良
今シーズン4年目となり、一番長く所属している選手の一人である。
森本からみる今シーズンの奈良クラブ。
そして森本自身が目指すものとは————

FWがやりたかった幼少期

ㅤサッカーは幼稚園から始めました。親が言うには僕から「サッカーやりたい」と言ったらしいが、覚えてないです(笑)。兄弟の影響でもないので、その時の自分に聞いてみたいですね。小学校5年生までFWをやっていたんです。なぜなら点を取っている方が楽しいしヒーローっぽいので(笑)。でも5年生の時に監督が変わり、急にセンターバックをやるように言われて。最初はFWがやりたいって抵抗をして、嫌々センターバックをやってたけど、やっていくうちに「あ、悪くないかも」と思いました。

プロを意識し、がむしゃらに練習していた
ㅤ名古屋グランパスジュニアユースの入団テストに合格し、中学高校は名古屋グランパスの下部組織に身を置いていたので、プロサッカー選手を身近に感じる機会が増えました。その頃から〝プロサッカー選手になりたい〟という気持ちが芽生え始めました。周りの選手のレベルが高かったので、ただがむしゃらに全力で取り組む毎日でしたね。吉田麻也選手(サウサンプトンFC)とは中高で同期で、麻也は名古屋グランパストップチームへ昇格、僕はトップチームへ上がれなくて大学へ入学。大学を決める時期に怪我をしていて、思うように練習参加ができなかった中で、中京大に声をかけていただいて入学しました。

周りの方に支えられて今の自分がある
ㅤトップチームに上がれず、怪我で思うように練習参加もできず、チームが見つからなくて、自分のサッカー人生はもうダメかもしれないと思う時もありました。でも親の応援もあり大学でもう一回頑張ろうと思えました。横浜FCを退団し進路を迷っている時も、元チームメートから、後悔が残らないようにサッカーを続けられるうちは続けた方が良いとアドバイスをもらい、ここまで続けてくることができました。周りの方に支えられて今の自分があると感じてます。
ㅤ今年で奈良クラブ4年目になり一番古い人間になりました。クラブの方針も監督も変わり、今年は特に学ぶことが多く、ポジション争いも激しくなっています。試合に出ることができるのは当たり前ではないことを胸に置きながら、チームのコンセプトである「学びと勇気」に沿って、自分がすべきことをしていくのみです。

——————————————————————

昨年のリーグ戦は28試合に出場

ㅤリーグ戦は開幕から3連勝したものの、5連敗。勝てない試合が続く中で、Honda FCさんに1-0で勝ち、唯一黒星をつけたことが印象に残ってます。あの試合はチーム、スタッフ、サポーター全体で戦って勝ち切れたと感じてます。
ㅤその後順調にフル出場していたが、残り3節という時に試合で鼻骨を骨折してしまったんですよ。地元名古屋で友達や親が来ている中救急車で運ばれて。その時は痛いという気持ちよりもゲーム展開が気になって気になって仕方がなかったので、勝ったと聞いた時には安心しました。ちなみに鼻を治す時の痛みは人生で一番でした(笑)。次は全身麻酔じゃないと嫌です(笑)。

天皇杯の名古屋戦
ㅤ昨年は天皇杯で古巣である名古屋グランパスと対戦。下部組織にいた時からトップチームと試合をしたいと思っていたので、公式戦で試合ができたことは純粋に嬉しかったです。先制される苦しい展開でしたが、最後まで諦めずに戦い抜いた試合でした。PKは蹴りたくない(笑)。試合はがむしゃらに戦うから、PKまで行ったらキックが上手い人に任せる。何が何でも勝ちたい名古屋戦だからといって、そこを変えることはなかったですね。

今年の背番号はラッキーナンバー「2」
ㅤ昨シーズンの背番号は39。これまで大事な時には背番号2をつけていたこともあり、自分の中でラッキーナンバーは2。この世界に来てからは背番号二桁が多かったですが、2番が空いたので今年からは「2」をつけてプレーします。

——————————————————————
3月13日(水)掲載分

球際に激しくいくところを見て欲しい

球際の激しい競り合いや、体を張ったプレーでチームを後ろから支えていきたいです。そこを淡々と極めているつもりです。今年の個人の目標は、3年間奈良クラブに在籍していて怪我や出場停止があったので、今年こそフル出場したいです。サッカー人生でいったら、体が動き続けられる限りはサッカーを続けたいですね。憧れの三浦知良さんまではいかないですが(笑)。

苦しい時ほど後押しが力になる
応援に来ていただく以上は結果を出さないと今後の試合にも足を運んでいただけないと思っています。今シーズン優勝するためにも開幕戦勝利は絶対条件なので、まずは5000人の中で勝利にこだわってプレーしたいです。今後リーグ戦が展開されていく中でチームが劣勢で苦しい時が来たとしても、皆さんには奈良クラブを信じて応援し続けて欲しいです。昇格をするためには選手、スタッフ、奈良クラブに関わる全ての方の力が必要です。応援よろしくお願いします。