奈良クラブ vs. FCマルヤス岡崎

日時:2020年10月24日 13:00 キックオフ

来場者数:371人

スタジアム:ならでんフィールド(鴻ノ池陸上競技場)

HOME

奈良クラブ

1

1

0

前半

後半

0

0

0

AWAY

FCマルヤス岡崎

45+2分島田拓海

得点者

奈良クラブ 選手交代

69分吉田直矢 →  吉田大河

69分菅野哲也 →  坂本修佑

85分早坂翔 →  森本良

奈良クラブ 警告

61分早坂翔

90+4分坂本修佑

奈良クラブ 退場

奈良クラブ コメント

―1-0の勝利。ゴールを振り返ってみてどうか
青森戦のゴールも同じ感じでした。それはずっとゴールに向かえ、ゴールに向かえというのを言っているので。一見、相手からしてみたら対策しようがない、偶然のゴール、再現性のないゴールだと思うかもしれないけど、僕らは再現性があると思ってやっています。そういうガツンとぶつかった時に、向こう(相手のゴール側)にこぼれるような強度の高い練習をしているし、そうなるように選手を起用しています。だからゴールに向かう意識というのが大きかったし、ああいうゴールは僕らの、相手が対策できない強みだと思っています。

―泥臭いゴールが増えてきた。ゴールに向かう泥臭さが出てきたということか
今日も試合前に相手よりもドロドロになって帰ってくる、相手よりも汗をピッチに落としてくる、不器用でもいいからガムシャラにやるというように言いました。その言葉通りの不器用だけどガムシャラなゴールだったと思う。僕ららしくて、良かったと思います。

―坂本修佑選手の加入について
単純に今日のように前半ずっと攻めていて、それでも点が取れない展開になった時、(相手のペナルティ)エリア内での得点能力があるし、ザクっとした言い方ですけど雰囲気もあるし。そういうエリア内で仕事が出来るという選手が、必ずこれから「勝ち切る」ために必要になる。決して今の選手が悪いわけではないですが、その為に獲得しました。あとはもともと奈良クラブでやっていたので、適応に時間がかからないということも大きい。残り試合が少ない中で、環境面で慣れているのも大きかった。

―高さもある中で、今までは金聖基選手を前線にあげるパワープレーなども行っていたが、その局面などで変化はあるか
もちろん負担軽減になるのは大きい。また金選手が競り勝った後にボールがこぼれてくる所にいる、とかそういう嗅覚のようなものを持ってるので、そういう所に期待したい。

―前節は前半1-0から2-5で敗戦という展開になった
今まで勝った試合は、前半0-0で終わって、「悪くないぞ、もっと前から行こう」となって、後半に点を取って勝つというのが多かった。1-0でリードして帰ってくるとどうしても心とと体がバラバラになっていた。どれだけ頭ではリードを忘れて、0-0と思ってやろうと言っても心ではリードしてると意識してしまう。リードしているのに、なぜか焦ってしまう。今日はハーフタイムに「リードしているのは自分たちだから、落ち着いてやろう」と声をかけて、勝利できた。そういう意味では一つの成功体験が出来たので、今後も続けていきたいと思う。

PHOTO