ラインメール青森 vs. 奈良クラブ

日時:2020年10月18日 13:00 キックオフ

来場者数:726人

スタジアム:カクヒログループ アスレチックスタジアム

HOME

ラインメール青森

5

0

5

前半

後半

1

1

2

AWAY

奈良クラブ

59分西山大雅

69分太田康介

73分行武大希

90+1分浜田幸織

90+6分浜田幸織

得点者

45+2分島田拓海

67分島田拓海

奈良クラブ 選手交代

75分吉田大河 →  都並優太

82分菅野哲也 →  鈴木一朗

87分寺島はるひ →  田宮碧人

奈良クラブ 警告

45分山本宗太朗

奈良クラブ 退場

奈良クラブ コメント

―打ち合いの末に2-5で敗れるという結果になったが率直な感想は。
サッカーは本当に色々あるなと思いました。ラインメールさんは前の選手達が本当に上手いし、得点力があるからこそ、後ろの選手がしっかり守れる。本当にいいチームでした。

―1-0で折り返したハーフタイムにはどのような指示を出したか。
「前に行け、2点目を取りに行こう」と、それだけです。相手が(点を)取りに来るんだからそれをひっくり返せという話をしました。

―後半は両チームが点を取りあい、2-2から相手に勝ち越された。
もちろん3点目もだけど、2失点目が本当に痛かった。(ボールが審判に当たって相手ボールから再開になるなど)運がなかった部分もあるし、あの場面で守り切れず2失点目してしまうのが僕らの未熟なところ。選手だけじゃなくて僕もどういう展開にするか、しっかりとリーダーシップを取らなければいけなかった。

―最後は2-2から前に攻めていった中で計5失点した。
そこはある程度オールオアナッシングなので想定済みではありました。
今シーズンは普段から、アウェイだろうがどんな相手だろうが、どの試合も勝ちに行くと言っている。
引き分けでよしとせず刺し違える覚悟で攻めて、上手く勝てたのが宮崎戦。
逆にそういう展開になると、今日のように刺し負けることもある。
刺し違える覚悟で攻めた上で、しっかりと勝ちきれる強いチームになっていかないとけないと思います。

PHOTO