天皇杯2回戦 名古屋グランパスvs.奈良クラブ

日時:2018年6月6日 19:00 キックオフ

来場者数:2,455人

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム (名古屋市瑞穂公園陸上競技場)

HOME

名古屋グランパス

1PK4

1(Ex0)

0(Ex0)

前半

後半

0(Ex0)

1(Ex0)

1PK5

AWAY

奈良クラブ

45+4分ガブリエル・シャビエル

得点者

75分金久保 彩

奈良クラブ スターティングメンバー

奈良クラブ サブメンバー

奈良クラブ 選手交代

60分小山 北斗 →  向 慎一

68分菅野 哲也 →  佐藤 和馬

68分村瀬 勇太 →  布施 周士

延前前/90分韓 承炯 →  藤井 貴之

奈良クラブ 警告

22分曽我部 慶太

115分山田 晃平

奈良クラブ 退場

奈良クラブ コメント

【薩川監督コメント】
「技術的に劣る部分がある中で、選手間の距離感を大事にするよう練習から修正して試合に臨んだ。自分たちのサッカーの良い部分を出せるようにしながらも、相手の気をつけなければいけないキープレイヤーやポイントをどう抑えるかを考え、チャンスを作らせないように徹底した。120分間戦い、疲れて足をつる選手もいたが、楽しそうに生き生きとしたプレーをしていた。チームとして凄く良い経験になったように感じる。」

【曽我部選手コメント】
「本日の試合も応援ありがとうございました。J1クラブとの公式戦での真剣勝負はなかなか経験できるものではありませんし、特に若い選手にとっては凄い経験になると思います。その中で互角以上の戦いができたことは本当に良かったです。応援に来てくれたサポーター達に勝利を見せる事ができたのも良かったです。すぐまたリーグ戦があるので気持ち切り替えて、今日みたいな試合内容で戦っていきたいです。本日はありがとうございました。」

【藤吉選手コメント】
「今日の試合は、相手にボールを持たれることはわかっていたので、粘り強く守備から入ろうという共通認識でゲームに入りました。質の高いボール回しで支配されましたが、球際、運動量でカバーできたと思います。前半終了間際の失点でしたが、ハーフタイムで気持ちをリセットし、後半に入れた結果、同点に持ち込めたと思います。全員で、粘り強く守ってもらったのでPK戦で仕事ができ、本当に嬉しく思います。平日のアウェイにも関わらず、沢山のご声援ありがとうございました。今週末のリーグ戦もアウェイですが、沢山のご声援をよろしくお願いします。」

【山田選手コメント】
「勝てた事がなにより嬉しいです。チーム全員がハードワークして粘り強く戦えたことが良かったと思います。相手の時間が多い中、奈良クラブのいい時間帯もあったと思います。その時間をもっと増やし精度を上げられるようにもっと練習から頑張ります。」

【森本選手コメント】
「今日もたくさんの応援ありがとうございました!先制される苦しい展開でしたが、最後まで諦めずに闘い抜いた結果があの同点ゴール、PK戦勝利に繋がったと思います。個人的にも下部組織出身なのでグランパス相手に勝利することができ、興奮しましたし、めっちゃ嬉しかったです!今週の日曜にまたリーグ戦があるので、気持ちを切り替えて明日から頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」

【金久保選手コメント】
「私たちは何も失うものはないという思いで、格上のJ1クラブ相手に全員で体を張り最後まで諦めずに、しっかりとチャレンジしていけたことが勝ちに繋がったと思います。個人の能力では勝てないですが、足がつってでもカバーし合いながらチームで戦うことで格上相手にも勝つことができて、自信がついたと思うので、これをリーグ戦に向けても継続していきたいと思います。しっかりと切り替えて準備していきたいです。」

PHOTO

Photo by T.Sakai、N.Shiozawa