組織について

組織概要

会社名NPO法人 奈良クラブ
連絡先〒630-8441 奈良県奈良市神殿町667-1 ウズシオパーク
法人設立2010年3月29日
1991年 都南クラブ創設
2008年 奈良クラブに改称
役員理事長 矢部 次郎
理事  大知 昌幸
理事  佐野 元洋
理事   丸 洋史
監事 堀之内 卓

沿革

1991クラブ設立
1992奈良県サッカー協会登録
奈良県社会人リーグ教育リーグ 3位
19935部リーグ 優勝
19944部リーグ 優勝
19953部リーグ 優勝
19962部リーグ 優勝
19971部リーグ 6位
19981部リーグ 4位
19991部リーグ 3位
20001部リーグ 2位
奈良県社会人選手権 準優勝
クラブチーム選手権 優勝
20011部リーグ 初優勝
奈良県社会人選手権 準優勝
20021部リーグ 3位
奈良県社会人選手権 準優勝
20031部リーグ 5位
奈良県社会人選手権 準優勝
20041部リーグ 優勝
奈良県社会人選手権 優勝
クラブチーム選手権奈良県大会 優勝
クラブチーム選手権関西大会 優勝
20051部リーグ 3位
奈良県社会人選手権 優勝
20061部リーグ 優勝
奈良県社会人選手権 優勝
20071部リーグ 3位
11月 奈良市出身 元Jリーガー 矢部次郎が加入
2008チーム名を「奈良クラブ」へ改称
全国社会人選手権大会出場
1部リーグ 2位
奈良出身元Jリーガー5名が加入
(東幸一、中村祥朗、石田雅人、水越潤、橋垣戸光一)
20091月 関西府県リーグ 優勝、関西リーグDiv2 昇格
4月 チアリーディング部門設立「does(社会人)」「Twinkles(ジュニア)」
8月 天皇杯奈良県予選 初優勝
9月 天皇杯1回戦に勝利(1-0 サウルコス福井)
9月 電動車椅子サッカー部門設立「VICTORY ROAD」
10月 D高田FCを6-0で破り、関西リーグDiv2 優勝(9勝3分2敗 47得点18失点)
10月 天皇杯2回戦J1アルビレックス新潟と対戦(0-3)クラブ初、Jリーグクラブと公式戦
関西リーグ Div.2◆MVP:橋垣戸光一
関西リーグ Div.2◆新人王:畑中俊逸
関西リーグ Div.2◆ベストイレブン:DF 橋垣戸光一、梶村卓 MF 畑中俊逸
20104月 NPO法人設立
下部組織(ジュニア・スクール)設立
電動車椅子サッカー・チアリーディングを含め「総合型地域スポーツクラブ」として認定
県内学校を対象とした「巡回サッカー教室」を開催
8月 D高田FCを3-0で破り、天皇杯奈良県予選2連覇
10月 関西リーグDiv1を4位の成績で終える(6勝6分2敗 36得点24失点)
「巡回サッカー教室」「軽スポーツ教室」「講演」等で参加者が累計5000人を超える
20114月 午前練習を開始
9月 関西リーグDiv1 優勝(11勝2分1敗)
11月 地域サッカーリーグ決勝大会一次ラウンド敗退(2勝1敗)
関西リーグ Div.1◆アシスト王:吉田智尚
関西リーグ Div.1◆最優秀新人賞:辻村隆史
関西リーグ Div.1◆ベストイレブン:GK 日野優 DF 吉田智尚、橋垣戸光一 MF 三本菅崇、辻村剛史 FW 牧悠二
20127月 矢部GMが監督代行としてGMと兼任
8月 天皇杯2回戦J1セレッソ大阪と対戦(0-4)Jリーグクラブと公式戦
10月 関西リーグ Div1を2位の成績で終える(8勝5分1敗 28得点24失点)
12月 KSLカップ 優勝
関西リーグ Div1◆ベストイレブン:GK 日野優 DF 伊澤篤 MF 三本菅崇、辻村剛史 FW 牧悠二
20138月 天皇杯2回戦J2ヴィッセル神戸と対戦(1-3)Jリーグクラブと公式戦
9月 Jリーグ準加盟クラブとして承認(現Jリーグ百年構想クラブ)
関西リーグ Div1を5位の成績で終える(3勝4分7敗 11得点22失点)
12月 KSLカップ準優勝
関西リーグ Div1◆ベストイレブン:DF 野本泰崇
20147月 矢部次郎GM 社団法人奈良県サッカー協会理事就任
7月 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦 〇3-1 福島ユナイテッド FC(J3)
7月 第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 〇2-1 ベガルタ仙台(J1)
9月 2014 関西リーグDivision1 優勝
11月 第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会 優勝
12月 岡山一成選手 第94回天皇杯「SURUGA I DREAM Award」受賞
12月 【ソシオス】奈良県2部リーグ 優勝及び1部リーグ昇格決定
12月 The KSL Cup 2014 優勝
関西リーグ Div1◆最優秀選手賞:瀬里康和
関西リーグ Div1◆得点王:瀬里康和
関西リーグ Div1◆フェアプレー賞受賞
関西リーグ Div1◆ベストイレブン:GK シュナイダー潤之介 DF 野本泰崇、伊澤篤 MF 稲森睦 FW 瀬里康和
20156月 第17回日本フットボールリーグ ファーストステージ7位
7月 鶴見聡貴選手 JFL通算100試合出場達成
8月 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦 ●0-0(PK5-6)藤枝MYFC(J3)  
10月 第70回国民体育大会(2015紀の国わかやま国体)3位(男子成年の部歴代最高成績)
11月 第17回日本フットボールリーグ セカンドステージ 7位、総合順位 7位
   ◆ベストイレブン:GK シュナイダー潤之介
20166月 第18回日本フットボールリーグ ファーストステージ 14位
8月 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦 ○2-0 京都産業大学(京都府代表)
9月 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 ●2-5 柏レイソル(J1)
11月 第18回日本フットボールリーグ セカンドステージ 7位、総合順位 10位
   ◆新人王・ベストイレブン:MF 茂平
20174月 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 1回戦 ●0-1 ヴァンラ―レ八戸(JFL) 
6月 第19回日本フットボールリーグ ファーストステージ 11位
11月 第19回日本フットボールリーグ セカンドステージ 5位、総合順位7位
   ◆得点王・ベストイレブン:FW 坂本修佑