クラブ理念

理念

サッカーを通じて、
奈良の未来を共に創る

奈良クラブは、奈良の地域の一員として、サッカー、スポーツを通じて、市民、県民の皆様と、より良い奈良を共に創っていくことに全力を尽くします。

クラブスローガン

共創

共創とは、2016年に「みんなで創りあげる奈良クラブ」をイメージして当時の奈良クラブ選手たちが考案した言葉であります。当時の想いを踏襲しつつ、共に奈良の未来を創っていきたいとの想いからクラブスローガンとさせていただきました。

行動指針

地域の一員として

奈良の一員であるということを強く意識し、地域の皆様と同じ目線で活動します。

特にプロスポーツチームという視点から、青少年・少女の健全な心身の発達や、市民の健康や喜び作り、地域の賑わいを創出することを軸にスポーツ文化の振興に貢献します。

また、地域社会との連携、ひいては社会の課題解決に積極的に取り組みます。

サッカークラブとして

県内トップのカテゴリーに所属するサッカークラブとして、地域の模範となるべく行動をします。

その実現のためのプログラム(価値教育、スポーツ、社会貢献)を策定し、自らのアカデミー活動、スクール活動だけではなく、学校や各地域におけるスポーツ活動との連携・協力を図り、指導・普及活動に努めます。

また、アカデミーから日本を代表する選手を輩出する仕組みを作り、将来、奈良、そして日本のサッカー界に貢献していける選手を育成していきます。

奈良のシンボルとして

プロスポーツチームとして、常に上を目指し、本気で戦う姿勢が、少年・少女をはじめ、多くの市民・県民の皆様の心に伝わり、それが皆さまの元気や勇気につながっていくことを信じて活動します。

そして、奈良クラブを応援してくださる人の輪が、地域の連帯感の醸成、地域社会の活性化につながり、いつの日か奈良のシンボルだと皆さんに言ってもらえるように全力で戦っていきます。

エンブレム

奈良の象徴であり、神さまの使いとされる鹿を中央に据え、クラブカラーの青と赤は、「奈良」にかかる枕詞「あをによし(青丹によし)」を由来としています。また、チームが奈良の誇りとなるべく「PRIDE OF NARA」の文字を刻んでいます。(制作:水野学)

ロゴ

奈良クラブ-ロゴ

《奈良クラブ 「N」ロゴのコンセプトについて》

奈良の地で約1300年前に造られた平城京。朱雀大路を挟んだ右京と左京、そして左京の傾斜地にあった外京の地場がこのロゴの始発点となっています。それに加え、「N」のロゴが示す上下への動きは、厳しい状況にも負けない不屈の心と、学び前進する奈良の伸び代を表すものです。既存のエンブレムも大切にしながら、新章へと突入した奈良クラブの象徴としてこの「N」のロゴを使用していきます。

AD: 山野英之(高い山) CD:幅允孝(バッハ)

奈良クラブ-ロゴコンセプト

2022シーズン ユニフォーム

【コンセプト】
2022 シーズンのユニフォームは、まだ見ぬ高みへ強い気持ちで挑むチームや選手の象徴として 阿吽(あうん)の「金剛力士像」をデザインに落とし込みました。 大きな口を開け感情をあらわにする「阿形像」と思いを内に秘め鋭い目つきで前をにらむ「吽形像」の二 体は、選手たちの強い闘志を表しています。 また、選手間の「あうんの呼吸」、そしてサポーターやパートナー企業、地域のみなさまとの固い絆の象徴でもあります。
見る方向によって変わる表情の変化もお楽しみください。
JFL 優勝。そして、悲願の J リーグへ。 今シーズン、奈良クラブはこのユニフォームを着て、思いを見える形にしていきます。